海と船と釣りと魚と海事代理士と愚息くん。

渡船から見える尼崎の街並み
渡船から見える尼崎の街並み

海事代理士たる者、常に海に親しみ、船を愛で、魚を食し続けなければなりません。

まぁそんな決まりがあるはずはないのですが、今回は海事代理士としての視察がてら、愚息くんと尼崎市内の堤防に出かけてきました。決して愚息くんに釣りをせがまれてバカンス気分で訪れたわけではありません。あしからずご了承の上、業務報告にお目通しいただければ幸いです。

(ところどころに海事のお役立ち情報をはさんでおりますので、まったくの嘘ではありません。ご容赦ください。)

いざ、ムコイチへ

阪神武庫川駅
川の上にある珍しい駅、阪神武庫川駅。

さて、今回の釣り場、もとい視察先に選んだのは、武庫川一文字といわれる全長4kmの巨大堤防です。通称ムコイチと呼ばれ、近隣の釣り好きの皆さまには人気のスポットとして親しまれています。

ここでトリビア。沖合にある防波堤のことを関西では一文字(いちもんじ)、関東では沖堤(おきてい)といいます。一文字の由来は、防波堤の形が一文字の形に似ているためだと思われます。

ここに向かうために地続きで行ける箇所があるにはありますが、今回はあえて渡船を利用することにしました。愚息くんの「船に乗りたい」というリクエストに応えてあげたとかいうそんな親バカな理由ではなく、海事代理士として船舶を体験するという至極まっとうな理由からです。

ところで渡船の船着き場への交通手段に利用した阪神電鉄武庫川駅は、全国的にも珍しい川の上に存在する駅として知られています。右に歩けば西宮市。左に歩けば尼崎市と、改札口も別々の市にまたがっています。

尼崎魚つり公園
尼崎魚つり公園

着きました。以前尼崎のおすすめスポットでも紹介させていただいた「尼崎魚つり公園」です。ここで渡船の手続きをした上で船に乗り込みます。

浅橋
船着き場の浅橋

そして浅橋へ。こちらが渡船の発着場、つまり船着き場となります。ライフジャケットを着込んでしばらくすると、乗船する渡船が見えてきました。否が応にも愚息くんのテンションは上がります。(父も)

浅橋に近づいてくる渡船

渡船について

渡船
乗船する渡船が到着

少し海事代理士らしい解説も挟みます。今回利用した渡船についてですが、どのような営業形態で、どのような手続きが必要なのかを考えてみました。

18人が乗船していたので、この船舶は旅客船に該当し、さらに時刻表に従って運航していることから、一見すると一般旅客定期航路事業であるようにも思われます。ここまでは時刻表に従って運航する場合の屋形船と同様です。

しかし、実際は船舶を魚釣りの用に供していることから、ここは単純に磯渡し業として登録を受けている遊漁船であると考えるのが妥当でしょう。

さて総トン数はどうでしょう。総トン数の大小によって船舶に対する手続きは異なります。特に登録・登記の別に総トン数は重要な指標になります。

乗船した渡船
乗船した渡船。船名が素敵。

ちなみに船名は○○丸。この辺についてはこちらでご確認ください。

出航!

はしけ
いざ、出航!

さぁ出航しました。先ほどあまりの陽気ゆえ上着を脱いでいたのが仇となりました。覚えておきましょう。冬の船上は寒い。(当たり前)

しばらく進んだところで違うタイプの船舶が見えてきました。はしけ船でしょうか?

ムコイチ
目的のムコイチ!

所要時間約7分の船旅でした。いや、船は速い!

釣り、開始!

仕掛けにアミエビを詰める愚息くん
仕掛けにアミエビを詰める愚息くん

いよいよ視察本番です。本日の仕掛けはファミリーフィッシングの定番、サビキ釣り。白状しますと、海事代理士ではあるものの、魚と釣りについてはズブのド素人です。だって魚の名前にしろ釣りの仕方にしろ試験範囲ではありませんから。親子で釣り好きながら、毎回訪れるたび合言葉のように語り合うのは「そろそろ本気で釣り学ばなあかんな。」です。成長しない。

釣果は?

釣り糸を垂らす愚息くん
頼もしく釣り糸を垂らす愚息くん

一応、様にはなっています。息子よ、大きく育ってくれた。父は嬉しい。

そして30分後。

哀愁を感じさせる男の背中
哀愁を感じさせる男の背中

何だか怪しげなムード。いやいや、背中に哀愁が漂っていてこれもまた誇らしい。そもそも11月最終週。堤防釣りのトップシーズンは過ぎている。簡単に釣れるはずもない。ここは我慢するのみ。

さらに2時間後。

おや?
おやおや?
寿司の画像
お寿司はおいしい

さらに2時間後。結局はこうなりました。

まとめ

序盤のクリック詐欺のような展開から、終盤はびっくりするほど足早かつ雑な紹介になってしまいました。お察しいただけたように、本日の釣果は「つりぼり」を含めてゼロ。つまりはボウズです。まぁ時季と時間帯、釣りの仕方なんかを考えると仕方ないかもしれませんね。最終的に寿司チェーン店になったのはオチとしては弱いですが、愚息くんの成長に免じてどうぞご容赦ください。

さて、海事代理士としてご挨拶です。釣りの腕はありませんが海と船のお手続きはお任せください。出張相談も承ります。まずはお気軽にお問い合わせください^^

事務所の最新情報をお届けします