尼崎市内の海
海事代理士ってなにもの?

海事代理士は、海や船舶にまつわる手続きの専門家です。複雑な海の法令を熟知して、以下のような業務を代理人として受託します。海のお手続きは海事代理士にお任せください。

船舶に関する手続

船舶の建造、売買、相続から廃船に至るまでの登記・登録・検査・検認の申請を代理します。

自動車やオートバイと同様に、ボートや水上オートバイについても登録を申請する必要があります。また、大型の船舶になると不動産と同様に、併せて登記を申請しなければなりません。

船の売買や贈与、相続によって名義や権利関係が変更された場合は、ぜひ海事代理士にご相談ください。

船員や海技資格に関する手続

船員手帳の交付や書換、船員の安全衛生に関する事項、乗組員の雇入届出や海難事故等の報告事務など、海技士や小型船舶操縦者などの海技資格の取得や更新など、船員の雇用や労働を律する船員法関係諸手続を代理します。

海技免状は階級に応じた国家試験を申し込む必要がありますが、乗船履歴を計算する必要があり、その手続きは煩雑です。海技士の試験や更新などのお手続きについても海事代理士にご相談ください。

海上交通に関わる事業に関する手続

旅客船事業、遊漁船業、船舶による貨物運送事業、港湾荷役や造船業等各種事業の許認可・登録等の取得などを代理申請します。

海上交通に関わる事業には、具体的に、フェリー事業、海上タクシー、屋形船や遊覧船、釣り船といったメジャーな事業から散骨事業といったニッチな事業まで様々な業態が存在します。

これらを事業で行う際は、たとえ一度限りのイベントであっても、許可や登録といった面倒な手続きが発生します。そしてこの手続きを代理申請するのも海事代理士の仕事です。

個人的には船上お見合いパーティーや優雅な船上花火見物なんかいかがでしょうか^^

上記に係る相談・鑑定等の業務

海洋環境や安全に係る国際条約による証書類の取得など

海事代理士についてもっと知りたい!

海事代理士について

海事代理士試験について教えて!