海事代理士(女性)のイラスト

「海事代理士試験」のワードで検索される機会が増えましたので、お応えする形で弊テーマについて触れてみようと思います。恐らく、というか間違いなく、受験生あるいは受験を考える方が検索されているのでしょうし、直接業務につながることではないとは思いますが、これも潜在的な広告活動のひとつとして位置づけ、自らの記憶をたどりつつ書き記したいと思います。

なにぶん12年以上も前の記憶ですので、現在の試験制度にはそぐわなくなっているのかもしれませんが、その点のみご理解の上で読み進めていただき、お役に立てていただければ幸いです。

行政書士試験の記憶については、行政書士サイトのこちらをご査収くださいませ^^

行政書士試験の記憶

受験の動機

よく聞く動機にとある漫画の影響があるのですが、私はその漫画はよく存じ上げていませんでした。行政書士試験後にふと立ち寄った書店でなにげに手に取った書籍が「海事代理士合格マニュアル」だったので、

「へーこんな資格があるんやー」
「面白そうやな」

くらいの感覚で購入したのが直接的なきっかけです。資格試験を受けた方なら何となくご理解いだけるでしょうが、合格後に訪れる「まだ勉強していたい感」が当時は強く、明確になにかを目指すというよりは、ただ勉強のツールとして利用していた感覚です。

ちなみに、実はこの書籍が当時唯一無二の試験対策といえるもので、そもそも発行部数も少なく、書店ではなかなかお目にかかれない某コアラのチョコレート菓子でいうところの「まゆ毛コアラ」のようなレアな一品だったということは、後に知ることになります。

あのとき書店に出向かなければ、海や船のあんなことそんなことを知ることもなかったのかと思うと、やはり選択は正解だったのでしょう。

勉強方法

先述したとおり、「海事代理士合格マニュアル」1冊のみを用いた独学です。予備校や通信講座はおろか、関連書籍もなく、なんせ唯一無二の勉強方法だったので選択肢はありませんでした。

過去問が繰り返し出題されるという傾向が明らかだったので、どちらかといえば暗記の勉強でした。当時のことを思い出しながら申し上げます。

国土交通省さん、もっとちゃんと問題作りましょうよ。

とにかく問題の使い回し感アレな印象でした。

難易度について

筆記試験の合格基準は、満点の60%の得点です。全20科目・合計240点満点で行われますので、144点以上の得点で合格です。ただし、全科目受験者の平均正答率が60%を超えている場合には平均正答率以上の得点の人のみが合格となります。要するに平均点が60%を超えている場合には上位の半数だけが合格となります。同様に口述試験も満点の60%が合格基準となります。

筆記試験の合格率は例年50%前後で推移していますが、口述試験は試験年度によって90%を超える年もあれば、60%程度にとどまる年もあります。そして筆記試験と口述試験とを合わせた合格率が40%前後ということになります。

行政書士試験と比較した場合の体感的な難易度は、

行政書士を10とすれば4くらいの感覚です。ただし、要注意点があります。

次の章でその辺りに触れてみようと思います。

筆記試験

マークシート方式ではなく記述式なので、何となく覚えている状態ではうっかりミスをしてしまうことも考えられます。ただ、学校の定期テストと同じような感覚なので、暗記に強ければそこまで苦労はしないと思います。

口述試験

要注意点と申し上げたのはこちらです。試験場所は東京霞が関国土交通省本省この特殊な状況がまず緊張感を煽ります。試験方式は1対1の対面。さらに試験官が無味乾燥に見えるので、

「お〜ここが霞が関か〜」

なんていうオノボリサン感覚は、一瞬で吹き飛びます。私もそれなりの対策を講じて挑んだつもりでしたが、どんな問題が出題され、どんな回答をしたのか、試験直後から憶えていません。

ただ、答え直しは可能です。実際に、答え直しをしたという記憶だけは残っています。ゆっくり冷静になることができれば、そんなに難しいことは聞かれません。多分。

試験後

口述試験に関しては出題内容も自分の回答も忘れてしまうので、自己採点ができません。合格発表までは戦々恐々とする日々に入ります。

そんなことはさて置いて、憶えているのは、口述試験後に山手線をひと駅ずつ降り巡り、それなりにオノボリサン満喫できたことです。

思い起こせばあれが現在に至るまで最後の上京
関東方面の方、いつでもお仕事お待ちしています^^

まとめ

以上が海事代理士試験の思い出です。注意点はあるものの、しっかりと対策を施せば、独学単年でも十分に合格が狙えます。本音を申し上げると業務上のライバルが増えることには複雑な思いがありますが、行政書士と同様もしくはそれ以上に試験合格後の方が大変な資格でもあります。

私もまだまだひよっこ、いやあえて海事風に表現すれば「青い魚」ですので、受験生の皆さまに負けないようこれからも精進したいと思います^^