総トン数とは│日本人の9割が知らない海事の真実

大型船舶のモノクロ画像

船舶の世界ではその大きさを表す指標として「総トン数」という単位が用いられています。この「総トン数」は、海事の世界では極めて重要な指標で、例えば総トン数20トン以上の船舶については、船舶登録とは別に船舶登記を行うべき義務が生じます。

ところで20トンと聞いた皆さんは、「20トン?それは重そうだ!」なんてことを考えたように思います。ところがどっこい「総トン数」は重量の単位ではありません。

総トン数とは

精巧な船舶の模型の画像

「総トン数」は、重量を表す単位と同じ「トン」で表示されますが、実は重量ではなく船舶の容積を表す指標です。

そんなことくらいで鬼の首を取ったみたいに。

ひねくれた方ならこのように思われるかもしれません。ですが弊所は海事代理士事務所です。次章をご覧いただければ、きっと誰かに話したくなるはずです。

「トン」の由来

酒だるの画像

15世紀初めの英国では、船に積むことができるブドウ酒の「たる」の数で、船から税金をいくら取るのかを決めていました。この「たる」を数える際に用いた単位が「トン」であり、たとえば「100トン」といえば、100個の酒だるを積めるくらいの大きさの船を表していました。

さて、この酒だるをいくつ積めるかを数えるとき、いったいどんな方法を使っていたと思いますか?まさか船に搭載された高性能AIが自動計算するような時代ではないですよね?

正解は「棒で酒だるをたたく」です。

察しの良い方はもうお気づきでしょう。そう。「トン」は、酒だるをたたく「トン、トン」の音が由来なのです。どうですか?誰かに言いたくなったでしょ?

まぁこれには諸説あって、大酒だるのことをもともと英語で「タン」といっていたのがなまって「トン」といわれるようになったという説もあります。 いずれにしても面白いですよね!

総トン数の算定(測度)

フェリーの後姿と海砂採取船の画像

船舶の容積とは、船体や船室によって囲われている空間の容積の合計をいいます。したがって、船体の長さ、幅、高さのみならず、船上に存在する区画された施設の内容量が大きく関わってきます。

船舶の容積を算定することを「測度」といいますが、この測度の算出方法が非常に難解で、具体的には船室などの上部構造物と下の船体主部とに分けて算出していくわけですが、特に大型船舶になると断面積から積分して…

積分!

そう。皆さんが高校時代、「こんなの一生使わんわ!」と吐き捨てた微分積分の片割れです。いやはや高等数学もまんざら捨てたものではありません。

まとめ

夕焼けと漁船の画像

総トン数のほかにも、船の大きさを表す単位には「純トン数」「排水トン数」「載貨重量トン数」などが存在さはます。この辺りについては本稿では割愛し、興味ある方の探究心にお任せすることにいたします。

ところで船舶法に基づく測度申請手続きは、弊所の業務範囲だったりします。本稿を機に皆さまが海事や海事代理士の世界に興味を持っていただければ幸いです。測度申請の手続きについては弊所までどうぞご遠慮なくご相談ください。

次の記事

ドーナツと海の男