日本の船に「丸」が多い理由

富嶽三十六景 東海道江尻田子の浦略図
葛飾北斎 「富嶽三十六景 東海道江尻田子の浦略図」

日本の船にはなぜか「丸」のつくものが多く存在し、海外でも「マル・シップ」として広く認知されています。

恐らく船の名前について深く考える機会も少ないとは思いますが、もし海外の友人にその理由を問われた場合、どう返しますか?

まぁそのシチュエーション自体がまれですけど^^

そこで今回は、船の名前になぜ「丸」がつくようになったのか、興味深い説を選りすぐってご紹介していきたいと思います。

「丸」の歴史

帆船のイラスト

歴史的にみると10世紀頃からすでに「丸」のつく船名は頻繁に使われていました。平安時代の書物の中にも、坂東丸という船名が登場します。

語源については次章に譲りますが、そもそも船舶の名称については、末尾に「丸」を付すことが推奨される時代もありました。

明治期に制定された船舶法取扱手続に、「船舶ノ名称ニハ成ルベク其ノ末尾ニ丸ノ字ヲ附セシムベシ」という項があります。あくまで「成ルベク」なので強制ではありませんが、これが明治以降の日本商船の船名に「丸」がつく大きな理由になったことは間違いないでしょう。

なお、この項は平成13年に削除されています。ですので皆さまが船舶を新たに命名する際は、特に「丸」をつける必要はありませんので、ご安心ください^^

「丸」の語源

古文書のイメージ
※古文書のイメージです。内容は本稿とは関係ありません。

「麿(まろ)」転化説

最も代表的なものがこちらの説です。

もともと自分のことを「麿」と言っていたのが、「柿本人麿」のように敬愛の意味で人につけられるようになり、それがさらに愛犬や刀 など愛するものや愛用品の愛称として広く転用されるようになり、その過程において「麿」が「丸」に転じ、船にもつけられるようになったという説です。

引眉で扇子を手に蹴鞠をしているイメージの「麿」ですが、こういった意味合いもあったのですね。おじゃる

城郭説

船を城と見立て、「本丸」「一の丸」などといった城の構造物を呼ぶときの「丸」を船の名称にも付したという説です。

そもそも城の「丸」自体が、ここに列挙した諸説に由来するのでは、といった解釈も成り立ちます。

日本丸説

豊臣秀吉が朝鮮半島に出兵した際の旗艦が「日本丸」であったため、それに追従する形でこぞって命名しはじめたのが起源であるとする説です。

歴史上の著名人が絡む説はロマンがありますが、平安時代に既に「丸」が存在していたことを鑑みると、起源とは考えにくいですね。ただ、普及には一役かったのかもしれません。

問丸(といまる)説

古くは問屋のことを問丸と呼んでいましたが、その問丸の所有する船にも丸をつかうようになったのがはじまりだとする説です。

なかなかイメージしづらい説ですね。そもそもなぜ「問丸」と呼ばれていたのか、思考がループしそうです。

神話説

海の神である志賀海神社の祭神である阿曇磯良(阿曇磯良丸)に由来するという説です。

また、中国の神話に登場する船造りを人間に教えた「白童丸」という神が由来であるとする説もあります。

朝鮮語説

朝鮮語では官庁のことを「マル」と発音するため、朝鮮の船をそう呼んだことが起源であるとする説です。

個人的には少し強引な気がする説ですね。

魔除け説

平安時代、「丸」は「糞」の意味としてつかわれていました。今でも子供用の便器を「おまる」と呼んでいるのはこの名残りです。

そして鬼や魔物は、においに弱いとされており、それらからもたらされる災いを避けるためにあえて「丸」という語をつかうようになったという説です。

こちらが私が一押しする説です。何となく平安時代の雰囲気にマッチしているように思いますし、他の「丸」の語源にも当てはまりそうな気がします。

その他

人格説、境界説、たらい説、その他諸説あり。色々と面白そうな説がありますが、あとは興味を持っていただいた皆さまの探究心にお任せします。

※おまけ

海外の船の命名を調べてみると、各国のお国柄が垣間見えて面白いです。

例えばアメリカでは人名。ヨーロッパではそれに加えて地名。ロシアではコードネームを使用することが多いようです。

まとめ

普段は意識しない事柄でも「そういえば」と探究心に駆られる瞬間が好きです。

これからもこういった「そういえば」を楽しめる投稿を継続いたします。

あ、海のお手続きは海事代理士へ。
陸のお手続きなら行政書士へ。
両者を冠する弊所をこれからも宜しくお願いいたします^^

前の記事

セーラー服と海の男

次の記事

海と船のエトセトラ