ドーナツと海の男

飲食大好き海事代理士としては、もちろん甘いものも守備範囲です。良いか悪いかはさて置いて、私の中で塩分と糖分は正に表裏一体。塩分を摂った後は、もれなく糖分を摂取したくなります。

さて、いざドーナツ店に並びますと、やはり圧倒されるのは女性客の数。最近は「映え」の良いドーナツも多いので、若い女性客が目立ちます。

そんな中、40を超えたおじさんが申し訳なさそうにドーナツを注文するわけです。キョロキョロと周りを気にかけながら。

「エ、エンゼルクリーム2個…」

これが少し前までの私の姿。

ですがスイーツ大好き中高年男性の皆さま、ご安心ください。今からお伝えするトリビアを知れば、これから堂々とドーナツを注文出来ますよ?

そして、何故に海事代理士たる私がこのテーマを扱ったのか、その理由もご理解いただけると思います。

ドーナツの語源

カラフルなドーナツ

まずは「ドーナツ」の語源について触れてみましょう。ドーナツは「ドゥ」「ナッツ」の2つの単語から構成されます。

「ドゥ」はパン生地、小麦粉を練ったものを指し、「ナッツ」はクルミの実を指します。

油や砂糖がまだ貴重だった時代、ドーナツは高級品であり、作るのは誕生祭などの特別な日に限られました。

そして作る際、より高級感を増すために揚げた生地の上にクルミの実を乗せていたことが、この名称につながったそうです。

しかし、諸説あって面白いのが語源の世界。少数派ながら一押ししたいのが、「ナッツ」が「ナット」を語源とするという説です。

ボルトとナットの「ナット」。言われてみると、あの穴が何となくそれっぽく見えてきませんか?まぁ、あくまで都市伝説レベルのお話しですが^^

ちなみに、戦時中は「ドーナツ」も敵性語としてその呼称を禁止されていたので、「砂糖天麩羅」と呼んでいたそうです。

ドーナツの発祥と形状

チョコレートがかかったドーナツ

オランダの円形の揚げ菓子がその発祥であることは間違いなさそうです。これがアメリカ新大陸へ渡るわけですが、アメリカではクルミが手に入らなかったため、それを使う代わりに真ん中に穴を空けたと伝えられています。


めでたし。めでたし。


いやいや、ここで終わったらそもそも海事代理士がドーナツを語る意味はありません。それは単なるスイーツブログです。

次章では、いよいよ本テーマの根幹たる「ドーナツと海の男」の真髄に迫ってみたいと思います。

ドーナツと海の男

ドーナツの穴の起源については、もう一つ説があります。そして何を隠そう、こちらが最有力説です。

様々な形状のドーナツ

19世紀半ばのアメリカに、ハンソン・グレゴリーという名前の船長がいました。

(船長!海事代理士らしくなってきました^^)

彼が子供のころ、母親が油でお菓子を揚げてくれていました。ところがこのお菓子は、中心部まで火が通っていなかったので、いつも生焼けの状態でした。一計を案じた彼が真ん中をくり抜いて揚げてもらうと、しっかり全体に火が通ったおいしいお菓子になりました。


めでたし。めでたし。


いやいや。船長が登場したくらいでは、インパクトに欠けます。ドーナツに穴を空けた最大の理由、それは

操舵輪(船のハンドル)に通してかけておいて、航海中いつでも食べれるようにするためです

つまりドーナツとは、荒々しい海の男が厳しい航海中、ひとときの安らぎを得るために開発したアイデア商品だったのです。

なお、この功績からハンソン・グレゴリーは「リングドーナツの父」とされ、その記念碑がメイン州ロックポートに建立されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。スイーツ好き中高年男性の皆さまも、これでいくぶんドーナツ店の敷居は下がったのではないでしょうか。まだ不足な方については、もうひとつ。

アメリカにはミスタードーナツが1店舗しかない

こちらのトリビアも補足しておきますので、どうぞご自由にお使いくださいませ^^

本テーマを採用するにあたり、アイデアをくださった2名の先生方にはここで感謝申し上げます。

さて、私は海事代理士かつ行政書士です。海や船舶の手続きはもちろんのこと、ドーナツ店の開業をご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談ください^^